地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、滝川の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

滝川の地域情報サイト「まいぷれ」滝川

これだけは加入しておきたい~自動車保険のお話~

 株式会社三星のニュース

これだけは加入しておきたい~自動車保険のお話~
 自動車保険の特約について 

自動車保険って、ちょっと複雑でよくわからないから
保険代理店さんにお任せになっていませんか? 

今回は、加入しておいたほうが良い特約について
詳しくお話しします 


そもそも保険の本質は
「貯蓄だけではまかないきれない大きな損害に備える」
ことにあります。

数千万~1億円以上の損害賠償が発生しうる
’対人賠償保険’や’対物賠償保険’などは絶対に必要なものですが、

貯蓄で十分カバーできるものは特約から外すほうがお安く済ますことができます!

 三星のおすすめ自動車保険プラン 

(基本)

対人賠償保険  : 無制限
対物賠償保険  : 無制限
人身傷害保険  : 3,000~5,000万円
搭乗者傷害保険 : 不要
車両保険    : 状況によって必要


(特約)

 弁護士費用の補償
 対物超過修理費用の補償


※ ここでは、「無保険車傷害保険」と「自損事故保険」は
  「人身傷害保険」で補償内容がほぼカバーされるので検討対象外とします。


 弁護士費用の補償

通常は、契約者が運転していて事故を起こすと、基本的には損保会社が相手方との交渉にあたります。

しかし、事故が起きても損保会社が相手方と交渉してくれないケースというのが存在します。

それがいわゆる「もらい事故」の場合です。
例えば信号待ちで停車していたところに後ろから追突された場合などがこれにあたります。
(過失割合 当方0:相手100 の場合)


なぜ、もらい事故で損保会社は動いてくれないのか。

100%被害者側であるために損保会社は保険金を支払う必要がない
つまり、事故の当事者ではないからです。


しかし、契約者自らが、相手と損害賠償の交渉に当たるのは
専門的な知識や示談交渉の経験が乏しいので不安だらけです。


そんな時に使えるのが「弁護士費用特約」です。
この特約があれば、もらい事故の場合でも弁護士に代理交渉を依頼することができます。

特約料は年間数千円程度ですので、法律や事故解決に自信が無い方には特に必要な特約です。


 対物超過修理費用の補償


例えば、私たちが自分たちに過失があって事故を起こしたとします。

相手の車の修理費が50万円かかった場合、
通常であれば対物賠償保険から50万円が支払われます。


しかし、場合によっては30万円しか支払われないケースもあり得ます。

どんな時か。相手の車の「時価額」が30万円と査定された場合です。


修理費が時価額を上回ったケースは「経済全損」といい
法律的には時価額までの補償で良いこととなっているのです。


こうしたケースは「全損案件」と呼ばれ、損保会社の社員も担当するのを嫌がります 

被害者側からすれば、
『修理費が全額補償されないのはおかしいじゃないか!?』
となり交渉がもつれてトラブルになりやすいからです。


そんな場合に役立つのが「対物超過修理費特約」です。

この特約があれば、時価額”プラス50万円”まで賠償額を上乗せすることができ
トラブル回避に役立ちます!

この特約も保険料は数百円~二千円程度(等級により変動)なので、ぜひ付けておきたいところです


    
     
株式会社三星 自動車整備・販売事業部/滝川自工

砂川市空知太西1条5丁目1-4

TEL 0125-53-3181

FAX 0125‐53‐2705

営業時間 8:30~17:30 
但し、第二土曜、祝日、日曜日は休日です

    

サービス・サポート[タクシー、自動車販売・修理・整備、灯油配達、リフォームほか]

株式会社三星

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。