地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、滝川の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

滝川の地域情報サイト「まいぷれ」滝川

編集部の活動報告会

報告会第5回~イベントレポートその1

第39回沼田町夜高あんどん祭り

2015/09/02

こんにちは、まいぷれ滝川編集部です。
今回は実際にイベントやお祭りに参加して、内容や雰囲気をお伝えするイベントレポートです。
第1弾は8月28日から2日間開催された「第39回沼田町夜高あんどん祭り」です。

沼田町夜高あんどん祭りとは

北海道の三大あんどん祭りのひとつに数えられる大きなお祭りです。
人口3300人ほどの町に10倍以上の人が集まるのですから、町をあげての大イベントになります。この2日間のために、町の方々は約100日間かけてあんどんを制作されるそうです。大型のあんどんは高さ7メートル長さ12メートルにもなり、趣向を凝らしたあんどん同士をぶつけ合う熱いお祭りです。

会場には飲食物を販売する屋台や特産品テントが並び、太鼓や踊り、大道芸あり、もちまきやあんどん色塗り体験など様々な楽しみが盛りだくさん!

当日の会場の様子

お祭り当日は少し肌寒くはなりましたが、雨も降らず一安心。
会場に着くとすでに大勢の見物客であふれていました。

特産品会場ではたくさんのテントが並んでいました。沼田町からはお食事の店 上林、ほろしん温泉 ホタル館、臼井産業、燦(サン)、やきとり のらくろ、JA北いぶきなどが出店、深川や札幌からも出店者が集まりお店を盛り上げていました。
特に中央特産品会場で販売されていた「幻の沼田黒毛和牛まん」は大人気ですぐに売り切れてしまうほど好評だったそうです!
会場のあちこちで大小さまざまなあんどんが練り歩いたりぶつかり合ったり・・・。
個性豊かなあんどんの数々に驚きの連続でした。一つひとつがディティールにこだわった職人技!
あんどんをぶつけ合う姿はまさに大迫力!
歓声があがったり、写真を撮ったりで観客も大興奮の様子でした。
今年の動員はなんと例年よりも多い5万8千人を動員したそうです!(沼田町調査による)

来年2016年は祭りが40回目を迎えるという事で、町としてもこれまで以上に気合を入れて臨むようです。来年も目が離せませんね!