地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、滝川の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

滝川の地域情報サイト「まいぷれ」滝川

ふるさと納税で日本を元気に!~雨竜町~

雨竜サーキット レンタルカート体験

160ccエンジンを搭載し、時速50km以上も出る本格カートの体験が出来ます!

経験者はもちろん、初心者でも安全にレーシングカートを楽しむ事が出来て、周辺には北海道を代表するような観光地も有ります。

まだ雨竜町に来た事が無い方はもちろん、雨竜町に来た事が有る方でもレーシングカートに乗った事が無い方は、是非是非 雨竜サーキットへお越しください♪

SLO認定カートインストラクター 寺崎友彦(てらさきともひこ)氏

代表としての思い

カートと言えば遊園地のゴーカートのイメージが強いですが、レーシングカートは本格的なスポーツです。F1レーサーは、まずレーシングカートで基本的なハンドルテクニックを身に着け実績を積んでいます。当サーキットでは、SLライセンス取得が可能なので、正しいハンドル操作や安全走行を身に着け将来レース参戦を目指せるように指導をしています。

小さな子供のころから指導を続けてきたメンバー達が成長して、年代を超え一つのスポーツで繋がり楽しんでくれているのを見ると、とても嬉しいです。

今後もレーシングカートの魅力を広く多くの方に知って頂き、カート人口の拡大につながるよう活動していきます。

※SLOとは一般社団法人SLカートスポーツ機構(SL Kart Organization)の事で、レーシングカートのレースに出場するためにはSLライセンスの取得が必須です。

北海道でSLライセンスを取得出来るのは、公認インストラクターの在籍する雨竜サーキットのみです。

レーシングカートの魅力

レーシングカートは、老若男女すべての人が、全く同じ規定で競えるスポーツです。

自動車免許の無い方は勿論、お子様でも専用コースなら本格的な走行を楽しんで頂けます。

北海道の大自然の中、全長700mのロングコースで思い切り風を体感してみてください。

雨竜サーキットの歴史

先代の父親の代から創業で30年の歴史があります。旭川にはカート専門ショップを持ち、レーシングチームも運営。10代から60代の方まで所属する約30名のメンバーが数々のレースに参加して実績を残しています。

雨竜サーキットで行われているレースの紹介

お礼の品

 

本格的なレーシングカート(レンタル用)を体験乗車出来るチケットです。

レーシングカートが初めての方でも、操縦方法を詳しく優しくご指導致しますのでご安心下さい。

 

10,000円以上のご寄附をいただいた方に、以下のチケットを2枚お送りします。

1人で2回もしくは、2人で1回の乗車が可能

雨竜サーキットのご利用に当たって

利用券に含まれるもの:カートやヘルメットのレンタル代、サーキット利用料金等の全て。

乗車対象:車の免許は不要ですが、身長145cm以上の方とさせて頂きます。

注意事項:服装は長そで長ズボン、スニーカーなどでお願いします。

有効期限:翌年のシーズンオフまで

営業時間:9:00~16:00

定休日:毎週木曜、隔週金曜

住所:北海道雨竜郡雨竜町渭の津(いのつ)

電話番号:0125-78-3839

メール:uhn53304@nifty.com

公式サイト:http://asahikawakart.a.la9.jp/

雨竜サーキットまでのアクセス

車でお越しの場合

旭川空港~約1時間30分(国道12号線経由)

新千歳空港~約2時間(国道337号線と道央自動車道経由)

札幌駅~約1時間40分(道央自動車道経由)

旭川駅~約1時間10分(国道12号線経由)

 

公共交通機関でお越しの場合

JR滝川駅~北海道中央バス〔滝川北竜線〕雨竜4丁目(道の駅 田園の里うりゅう)約25分

※事前にバス利用の旨をご連絡して頂けると、道の駅まで送迎可能です。

 

周辺の観光案内

雨竜町~国際的に重要な湿地に関する条約(ラムサール条約)に2005年11月に登録された「雨竜沼湿原」を散策出来ます。

>>>公式サイト

滝川市~毎年5月中旬から下旬にかけて、日本一を誇る菜の花畑の絶景をご覧になれます。

>>>公式サイト

北竜町~7月中旬から8月下旬まで、23haの広大な畑に150万本のひまわりが咲き誇っています。もちろん日本一です。

>>>公式サイト

この記事に関するキーワード