地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、滝川の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

滝川の地域情報サイト「まいぷれ」滝川

ふるさと納税で日本を元気に!~雨竜町~

瀬川農場グリーンアスパラ&ホワイトアスパラ

雪深い雨竜町で越冬し、糖度をたくさん蓄えた雨竜町産アスパラ

グリーンアスパラとホワイトアスパラは同じ品種!?

グリーンアスパラ

ホワイトアスパラ

生産農家の瀬川祐司(せがわゆうじ)さんからグリーンアスパラとホワイトアスパラは同じ品種と聞いてビックリ!?

育成方法の違いでグリーンとホワイトに分かれるのだそうです。グリーンアスパラは日光を十分に当てて育てますが、ホワイトアスパラは完全に日光を当てずに育てたものなんだそうです。と言う事は、ホワイトアスパラはモヤシのように細くてヒョロヒョロしてるのかと思いきやホワイトアスパラの方が太くて、苦味やくせが無く、シャキシャキ感が有り、サッパリとした味なのだそうです。

生産者のお勧めする簡単レシピ紹介!

 

たったの5分で出来ちゃう、超簡単レシピを紹介致します。

瀬川祐司さんの奥様に料理して頂きました!

ホワイトアスパラのお茶漬け和え

材料(5人分)

アスパラ~5本

お茶漬けの素(お好みの味)1袋

 

※グリーンアスパラでも、もちろん美味しくいただけます!

作り方

1.アスパラを冷水で洗います。

2.アスパラの下の方は筋が硬いので、ピーラーで剥いてしまいます。

3.ラップに包みます。

4.電子レンジに入れ1分30秒程度加熱(600W)。

5.冷水で冷やします。

6.短冊切りにします。

7.好みのお茶漬けの素を上からかけて、混ぜて完成です。

完成まで5分足らず。

家族総出で作業

 

北海道のこの地方の農家の方達は、残雪のある3月から家族総出で作業を開始します。

家族でハウスを組み立てているところです。

1棟の長さは

アスパラは一度種を植えると、毎年にょきにょきと生えてくるそうです。

ここ瀬川農場ではホワイトアスパラを平成23年に植えて、今年で7年目になります。

アスパラには8種類ほどの品種があるそうですが、ここではスーパーウエルカムという品種を育てています。

ホワイトアスパラ用の遮光シートを掛ける作業をしています。

遮光シートを掛けて、太陽光を完全に遮断してホワイトアスパラを成長させます。

ホワイトアスパラは土から顔を出す前に遮光シートを掛けなければいけません。遮光シートを掛ける前に顔を出していたアスパラはピンク色になってしまうそうです。

遮光シートを掛けてから10日程経って成長してきたアスパラ

アスパラの保存方法

 

アスパラは横に寝かせて保存すると、上に向かって成長しようとエネルギーを使い、糖を消費してしまうために鮮度が落ちてしまいます。そのため長く鮮度を保つには、アスパラを新聞紙で巻いてポリ袋などに入れ乾燥を防ぎつつ、立てて冷蔵庫に保存する方法も有りますが、下の写真のように牛乳パックに入れて保存する方法は簡単で長持ちするのでお勧めです。

アスパラの下の方の硬い所をピーラーで剥きます。

牛乳パックなどを半分に切り、そこにアスパラを入れて水をたっぷり注ぎます。

ラップで全体を覆います。

冷蔵庫にいれます。

牛乳パックの中の水を毎日取り替える事がポイントです。是非お試しください。

ホワイトアスパラって自分でも作れるのかやってみたかった!

子供に農作業を教えている生産者の瀬川祐司さん

瀬川祐司さんが20年前に家業の農家を継いで、何か作ってみようと初めて栽培したのがアスパラです。それから毎年グリーンアスパラを生産していましたが、滝川の花卉センターの人がホワイトアスパラについての論文を出したのをどこかで見て、自分にも出来るのかと探求心からホワイトアスパラも手掛けるようになりました。

グリーンは日光を沢山浴びカロテンが豊富な緑黄色野菜。ビタミンやルチン、アスパラギン酸など疲労回復や免疫力を高める栄養素がとても豊富なんです。一方ホワイトは日に当たらない分栄養素は劣りますが、香豊かで上品な味わいです。いづれも穂先には栄養素がたっぷり詰まっているんですよ。

是非採れたての旬の味を味わって下さい。

お礼の品一覧

 

10,000円以上のご寄附をいただいた方に、以下の特産品をお送りします。

瀬川農場「北海道アスパラ食べくらべ」1.5kg

瀬川農場「北海道グリーンアスパラ」1.5kg

瀬川農場「北海道ホワイトアスパラ」1.5kg

この記事に関するキーワード