地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、滝川の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

滝川の地域情報サイト「まいぷれ」滝川

ふるさと納税で日本を元気に!~奈井江町~

ぷりぷりで美味しい! 小さい子でも食べやすい肉厚しいたけ

ご家族に、ご友人に。ほのかな独特の風味、小さい子でも食べやすい奈井江産の「おいしいたけ」です。

命名の由来は……「卓球が好きだから」!?

 

マスコットキャラクター「すまっしゅくん」は、

しいたけ栽培を始めた方の娘さんがデザインしたもの。

 

 

 

 

 クラブ活動、喫茶店の運営、そして、しいたけの栽培。ないえ福祉会は様々な事業に取り組む、チャレンジ精神が旺盛な福祉法人です。

 

 その中でも、しいたけ栽培を行っている「就労支援センターすまっしゅ」のみなさんにお話をお伺いしました。

「すまっしゅ」と名付けた理由は「卓球が好きな人がしいたけ栽培を始めたから」だそうですよ。

 

 そんなチャレンジが成果に結びつき、

・「全国サンマッシュ生産協議会主催第23回品評会 金賞受賞」

・「第8回北海道椎茸品評会 日本特用林産振興会会長賞受賞」

 など、数々の実績も残しています。

 

 これは食べなきゃもったいない! 肉厚でジューシー、奈井江自慢のしいたけをお届けします。

しいたけ収穫の裏側に突入!

 

普段はなかなか見られないですからね。わくわく。

 発生ハウスの中。

 すまっしゅでは「菌床(きんしょう)栽培」という栽培方法を使って、しいたけを生産しています。

 屋内で栽培しているので、害虫やゴミが付きにくいそうです。

 四角いブロック状のものを「菌床」と呼びます。

 1つのブロックで約800グラムのしいたけが育つんですよ。

 培養室の中。

 20℃に保たれた室内で菌床を3ヶ月ほど寝かせます。

 寝かせている間、菌床は菌を全体に攪拌して真っ白になります。そのあと褐変して茶色の菌床になるのです。

 白い二つの丸は空気穴。ここから酸素に触れさせて、その刺激で発芽を促進させます。

 収穫されたしいたけたち。

 かさを下に置くんですね。

 石づきがひょっこり顔を出しています。

 こんにちは~!

 規格ごとに選別しています。

 

「全国デビュー?」

「写るの? じゃあ眼鏡外そうかな!」

 

 すっごく楽しそう。

 

良いしいたけを作って売ることが私たちの仕事です

 

「就労支援センターすまっしゅ」で働いている方にお話を伺いました!

和気あいあい・元気ハツラツ

みなさんのはたらく姿が素敵です!

 

 

 八月下旬、やけに暑い北海道。夏場は穫れないしいたけも、最近になってようやく収穫できるようになりました。

 

 屋内の室温調節が難しいことが最近の悩み。温度はしいたけの発生に大きな影響を及ぼすので、風通りや菌床を置く間隔も、現在進行形で研究中です。

 寒すぎても暑すぎても、死滅してしまうしいたけ菌。絶妙な温度のバランスを保つことで、「おいしいたけ」は作られているんですね。

 

 質の良いしいたけを順当に発生させて、それをみなさんにたくさん届けたい、という願いを込めてしいたけを作っています。

 このしいたけを食べたお客さまから「また食べたいんだけど……」というお電話もいただけて嬉しいです。

 

 すまっしゅのみなさんがおすすめする調理法は、「バター醤油炒め」。シンプルに調理するのがベストです。

 

 奈井江町のしいたけは大きくて厚みがあり、見た目もしっかりしている綺麗なしいたけです。

 ぷりぷりなので、生でも乾燥でも噛みごたえ・食べごたえ十分。ぜひお申し込みください!

お礼の品一覧

 

 

10,000円以上のご寄附をいただいた方に、以下の特産品をお送りします。

乾燥しいたけセット

 ・乾燥しいたけスライス80g

 ・乾燥しいたけ80g

肉厚生しいたけ

 ・生しいたけ1.5kg  <10℃以下で保存してください!>

この記事に関するキーワード